株式会社ハッピーコンビは東京都、神奈川県、埼玉県を中心に、助成金や補助金申請など会社と社員が共に元気になるお手伝いをいたします。

株式会社ハッピーコンビ 荒井社会保険労務士事務所

営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日 土日祝

ご相談はこちらから

ブログ

ラ・ラ・ランドの自己実現と別れ

2021年09月30日

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

「ラ・ラ・ランド」という映画があります。日本では2017年に公開されたミュージカル映画で、俳優志望の女性とピアニストの男性の恋愛を描いた映画です。題名の「la-la land」というのは、映画の舞台となったハリウッドやロサンゼルスなどを指す言葉のようです。

こうした映画も今は手軽に、映画配信サービスを使えばタブレットなどで思い立った時に見ることができるのがなんとも嬉しいところです。先日も早朝に目が覚めた時、なぜかこの映画が観たくなりました。

以降ネタバレも含みます。この映画では歌やダンスがたっぷり出てきますので、それも楽しいところなのですが、ストーリーとしては、二人の夢を叶える、という自己実現もテーマとして描かれます。

恋愛映画としてみれば、最後に二人は別れてそれぞれの道を歩むことになる切ないラブストーリーなのですが、自己実現という意味からは、お互いに夢を叶えてハッピーエンド、ということもできます。お互いが不遇の時、共に過ごした時間に得たお互いのアイデアや行動が助けとなり、結果的に成功に導かれることとなる・・。そこを見ると美しいサクセスストーリーです。最後にお互いが微笑み合うところは、互いの成功をたたえる感じもあり、いずれにしても最後をしめる美しい場面だと思います。でも、やっぱり別れは切ない。

別れと言えば、実際の事業にも別れがつきまといます。共同経営者との別れ、従業員との別れ、出資者との別れ、取引先との別れ、お客様との別れ、など。共に成功を夢見た仲間や協力者が去ることは悲しく切ない出来事ですが、それでも事業は、会社は続きます。経営者が夢を追う限り、人がその事業を求める限り。

サヨナラだけが人生だ、といった井伏鱒二さん。サヨナラだけが人生ならば、といった寺山修司さん。別れにはいろいろな意味で感情を高ぶらせ、試練を感じさせますが、そうやって人は強く深くなっていくのかもしれません。別れた後もいつかまた、お互いの夢を叶えて笑って会えるような、映画のような再開ができれば素敵ですね。

まずはお気軽にお問い合わせください!

ご相談はこちらから

TOPへ戻る