株式会社ハッピーコンビは東京都、神奈川県、埼玉県を中心に、助成金や補助金申請など会社と社員が共に元気になるお手伝いをいたします。

株式会社ハッピーコンビ 荒井社会保険労務士事務所

営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日 土日祝

ご相談はこちらから

ブログ

日本沈没と創造力

2021年12月31日

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

以前から気になっていたドラマ「日本沈没」を、年末に全話一気に観ました。
Netflixで配信しているのですが、本当に便利な世の中になったものです。

話の内容は置いておいて、観ながらとにかく所々で泣きそうになりました。
日本の素晴らしい自然、文化、歴史、生活が失われること・・今考えても切なくなります。
日本の国土がなくなっていくことが、フィクションとは言え、こんなに衝撃的だとは思っていませんでした。

自分の国がなくなったら?なんて考えたこともなかったので、
海外で生活するとしたらどんな国が良いか?とか、そこでどんな仕事で生きていくか?生活費は?
とか、普段は考えない問いが幾つも出てきます。

どんな国で住むか?と考えても、自分なりの知識で何となく親近感があったり、言葉が難しそうでないとか、
そんなことでしか考えられません。

どんな仕事で生きていくか?に関しては、もはや選択肢が相当限られます。
それでも生きていかなくてはいけないとすれば、きっとそのときの状況で考えるしかないな、くらいの発想。
生活費も、円がなくなったらどうなるのだろう、なんて考え始めたら気が遠くなります。

そもそも危機に対する準備期間がどれくらいあるかによっても、考えることが異なってきます。
当たり前にあるものがなくなることを想像するだけで、こんなにもいろいろと考えることになるんですね。
でも、これって今ビジネスでも求められていることなのかもしれません。

これまでの延長線上でなく、もしそれがなかったとしたらどうするか?
日本はこれまで長年築いた様々な社会資産、生活インフラがあるからこそ、それを前提に考えてしまいますが、
ゼロから発想することで、ダイナミックな変化を創ることができるのだと思います。
デジタル化はどこまで世の中を変えていくのだろうか、オンライン化はどこまで進むのだろうか。

それ以上に大切なのは、その変化を受け入れる受容性、当たり前をそうでなくてよいと考える柔軟性。
今が最高!と思えることは素晴らしいけれど、もっと良い!を求めることを諦めたくない。だから学ばなくてはいけない。
2021年が終わる今、ドラえもんがいる未来を描いたあの日のような未来の姿に、2022年はもっと近づけたらなあ、って思います。

会社と社員が共に元気になるお手伝い

まずはお気軽にお問い合わせください!

ご相談はこちらから

TOPへ戻る